商品のご案内

この商品は、通常会員のみご購入いただけます。

2016年司法試験最新合格者講義 過去問から読み解く1000番答案の掟

2016年司法試験最新合格者講義 過去問から読み解く1000番答案の掟

¥24,000(税込)

初回配信日 2017/06/01
最終視聴期限 2017/11/30
販売終了日 2017/10/31

▶ 購入手続きへ進む

お気に入りに追加する

過去問から読み解く1000番答案の掟

¥24,000

配点のツボ押しA答案作成法

¥26,700

枠で書く! 憲法の答案作成マニュアル

¥14,200

えんしゅう本で押える民訴問題文の射程

¥20,500

民訴は複数訴訟の攻略でA

¥26,700

刑訴A答案に必要な知識と押さえ方

¥26,700

経済法一桁のミニマムエッセンス

¥26,700

超特急! 肢別本だけで民法8割

¥7,900

  • 司試

憲法,行政法,民法,商法,民事訴訟法,刑法,刑事訴訟法

理想論ではなく絶対やる絶対ダメを明確に

公法系も民事系も刑事系もすべて900 番台できっちり揃えた! 確かなルールです!

■講師Message
「司法試験に合格するためには過去問分析が必要」というお話は、誰もが一度は耳にしたことがあると思います。
しかし、現実には、単に問題を解き、漫然と趣旨ヒアリングを読んで「ふーん」と思って終わりとなっていませんか?
しかし、このような中途半端な過去問検討は、かえって学習の方針を誤る原因となるおそれがあります。
なぜならば、過去問の趣旨やヒアリングは、現実の合格ラインよりも高い知識や能力を要求していることが多く、現状を無視してこのような理想を追いかけることは無理な学習につながるからです。
過去問から学ぶべきことは、理想的な答案は何かではなく、どの程度の知識があり、どう考え、どう書けば「普通の合格答案」となるのかです。
そこで私は、直近3年分の過去問の問題文・趣旨・ヒアリング・再現答案から「何が差がついたのか」と「なぜ差がついたのか」を徹底分析しました。
その結果、現実に合否を分けるポイントはどの年でも変わらないことに気付きました。
さらに、その結果を答練で繰り返し実践・検証した結果、絶対にやるべきルールと絶対にやってはならないルールとしてまとめることができました。
そこで、皆さんには、私が学んだ「これをやれば合格する」という絶対にやるべきルール、逆に「これをやると落ちる」という絶対にやってはならないルール、そして合格するために本当に必要な最低限の知識範囲を明示することで、「普通の合格答案」を書くために必要なことをお伝えしたいと思います。

※本講座は2016/11/26までに収録されたものです。

講師

2016年司法試験合格者

講座回数

全4回

全講義視聴時間

12時間 0分

科目詳細

公法系・民事系・刑事系(4回/12時間)

教材

■講師オリジナルレジュメ
■講師再現答案
◎現物発送いたします。


PAGE
TOP