商品のご案内

この商品は、通常会員のみご購入いただけます。

【凝縮塾】定義趣旨凝縮講座

【凝縮塾】定義趣旨凝縮講座

¥51,800(税込)

初回配信日 2016/05/23
最終視聴期限 2017/09/30
販売終了日 2018/04/30

▶ 購入手続きへ進む

お気に入りに追加する

試聴動画

  • 弁理

特許法,実用新案法,意匠法,商標法

定義趣旨をスラスラと覚えられる「定義趣旨凝縮レジュメ」が小問(一行)対策に効く。

■ 定義趣旨の重要性
弁理士試験の論文本試験では、規定趣旨を聞く小問が近年よく出題されています。ダイレクトに趣旨を聞かれた場合、全く覚えていなければ、解答に窮することになります。
そして、制限時間の少ない論文本試験で趣旨の書き方に悩みだすと、どんどん時間がなくなり、本来書けるはずのところが書けなくなりかねません。
また、口述試験では、規定の定義や趣旨、理由付けをよく聞かれます。定義は、短答突破までの条文レベルの理解で答えることができますが、趣旨はしっかり覚えていないと答えることができません。また、用語の意味や、規定内容の理由まで聞かれるのが口述試験です。
この趣旨や規定の理由をマスターしようとする場合、基本レジュメや基本書が必要になります。しかし、基本レジュメや基本書は、論文合格レベルの受験生であれば当然知っていることまで書かれており、非効率的です。
凝縮塾では、定義趣旨、規定の理由を効率よく学び、論文試験や口述試験でダイレクトに聞かれても回答できるようになるための定義趣旨凝縮講座を提供しています。
■ 定義趣旨凝縮講座の特徴
定義趣旨凝縮講座は、知的財産権(特、実、意、商)の重要な定義趣旨、および規定の理由付けなど、論文合格レベルかそれに近いレベルの受験生でもダイレクトに問われると答えに窮するような点をまとめた講座です。
定義、趣旨、用語の説明等(主に用語の意味と規定の理由)に絞り込んだ「定義趣旨凝縮テキスト」では、主だった規定の定義趣旨、重要な用語の説明、規定の理由付けが分野別に整理して掲載されています。また、近年の法改正の理由や趣旨も掲載されています。さらに、覚えてなければならない超重要の判例も掲載されています。

※Webスクールは、お申し込みから3ヶ月間、システムを使用できます。
※視聴期限につきましては、購入後にシステム使用期間に伴い、変更されます。

講師

西原広徳

講座回数

全5回

全講義視聴時間

5時間 0分

科目詳細

全5回【特実法(2.5回(PCT含む))、意匠法(1回(ジュネーブ含む))、商標法(1.5回(マドプロ含む))】

教材

■定義趣旨凝縮レジュメ

※教材は現物発送となります。


PAGE
TOP